バイクタイヤ

バイクタイヤの特性~スポーツタイヤ

バイクのタイヤでツーリングタイヤよりも更にスポーティーに攻める事の出来るタイヤで、かつハイグリップよりは硬めのタイヤの作りになっています。ツーリングでもガンガン高速を走る方にはオススメと言えるスポーツタイヤです。雨天時にはツーリングタイヤよりも若干雨や濡れた路面などには弱い物の、カーブや加速のタイヤの路面への食いつきは一切違う物に感じるでしょう。バイク好きの方でスポーツタイプのバイクに乗られている方は、結構な確率でスポーツタイヤを履いている方が多く見受けられます。ハイグリップタイヤよりも消耗も激しくなく、ツーリングタイヤよりも性能を引き出せる中間地点位に位置するタイヤと言ったところでしょうか。

スポーツタイヤからこだわりが出る

「バイクはタイヤから乗り手の乗り方がわかる」と言われていますが、スポーツタイヤからその好みは分かれてくるのではないでしょうか。ただ単にタイヤを履き替えるとなると、程度も価格も安価で多く出回っているツーリングタイヤを選ぶでしょうが、スポーツタイヤでは、タイヤのメーカーの特性も出てきますし、ある程度ハイパワーなバイクになならなおの事バイクの性能を殺すことなく走ってくれるようになるでしょう。スポーツタイヤはサーキットでの利用でも、公道でも十分な機能をはたすので、オールマイティーな用途での利用ができるのが人気です。ツーリングだけではなく、ハイレバルな走りを求める人にオススメです。

スポーツタイヤの利点と弱点

スポーツタイヤに限らず、ハイグリップタイヤにも言えるですが、ハイグリップな走りができる状態のタイヤはあくまでもタイヤが温まった状態のタイヤでの機能と特性であり、タイヤが冷えている状態ではグリップ力は半減します。スポーツタイヤやハイグリップタイヤが、冬場に転倒しやすいという理由はここにあります。タイヤを温めるには、レースなどで利用されるタイヤウォーマーという素晴らしい機械がありますが、持っている人はごく少数でしょう。タイヤを温めるのには、走って摩擦で温めるのが一番です。なので、冬場や、春の朝方の時間帯などの冷え込む時間にスポーツタイヤを履かせたバイクに乗る場合には、最初はアクセルを開けることはせず、ゆっくりとタイヤが温まるまで速度は出さない、バイクを倒して曲がらないなど、注意が必要になりますので覚えておきましょう。ツーリングタイヤよりも柔らかいので、タイヤの温まる時間はツーリングタイヤよりも早い時間で温まるでしょう。

スポーツタイヤの特性を知って走る

ここまでスポーツタイヤの特性と弱点をご紹介してきましたが、これまでタイヤにこだわりもなく、ツーリングタイヤを履いていた方には、一度試してほしいタイヤのタイプです。ハイグリップタイヤの様にアクティブな走りを求めていない方でも、値段も種類も豊富に出回っているので、とっつきやすく、でも性能を殺さない…オススメのタイヤのタイプです。